固くならないお餅の作り方解説!餅に砂糖を混ぜるタイミングはいつ?

本ページはプロモーションが含まれています

新年には、ほとんどの家庭で楽しまれるお餅。しかし、時間が経つとどうしても固くなってしまうことがありますね。

硬いお餅はちょっと残念ですね。

ここでは、固くならないお餅の作り方をご紹介します。また、お砂糖を加えてお餅を作る方法や、保存時に固くならないようにする方法もご案内します。

餅が固くならないように砂糖を加える

お餅が固くならないようにするためには、お砂糖を加えるのが効果的です。

砂糖を加えるタイミングはお餅を作る際や、作った後です。柔らかく保存したいお餅に、わずかな量の砂糖を混ぜ込みます。

ただし、砂糖を加えるとカビが生えやすくなるため、長期保存には向きません。この方法は主に、2~3日以内に食べる予定のお餅に適しています。

その際も、カビが生えていないか確認してからお召し上がりくださいね

 

お餅が固くならないためにトレハロースを加える

トレハロースは、トウモロコシなどのでん粉から作られた甘味料で、お砂糖の半分以下の甘さを持っています。

トレハロースを料理に取り入れると、野菜や果物の鮮度を保ち、変色を抑えたり、肉や魚の臭いを抑えるなど、簡単に料理のクオリティを向上させることができます。

アボカドやリンゴなどに使用すると、時間が経っても変色しにくくなります。

トレハロースをお餅に使用すると、以下のような効果があります。

① 甘さを抑え、もちもちとした風味や弾力を保ちます。

② もちもちとした食感を維持します。

【トレハロースの使用方法】

当日に美味しく食べたい場合は、もち米に対してトレハロースを約5%加えます。

(もち米が1500g(1升)なら、トレハロースは75~85gです。)

翌日に美味しく食べたい場合は、もち米に対してトレハロースを約10%加えます。

(もち米が1500g(1升)なら、トレハロースは150~165gです。)

① もち米を前日から水に浸し、吸水したもち米を蒸す。

*蒸し時間の目安は30分~40分です。

② トレハロースと熱湯を一緒に溶かし、シロップを作ります。

③ 蒸しあがったお米を餅つき機でつく。

お米の粒がなくなるまで、②のシロップを温かいうちに数回に分けて加え、なめらかになるまでつきます。

*シロップを数回に分けて加えてください。

*蓋がある餅つき機の場合、シロップを入れ終わったら蓋を閉めて温かいうちにしっかりなじませます。

これで、もちもちのお餅が完成します。

柔らかいお餅をお楽しみいただけます。

 

固くなった餅を柔らかくするやり方

保存の手段がうまくいかなかったり、家庭でついたお餅が経過すると固くなることがよくありますね。

市販のお餅がもちもちなのは、砂糖や水あめ、またはトレハロースを加えているからです。

お餅が固くなった場合の対処法をご紹介します。

① 電子レンジで加熱

  1. 耐熱皿とお水を用意します。
  2. 少量の水をお餅にかけます。
  3. ふんわりとラップで覆います。
  4. 電子レンジ600Wで1~2分加熱します。

電子レンジで餅を温める際には、水が必要です。

水を使わないと固くなります。

② 炊飯器で温める

炊飯器の保温機能を利用すれば、簡単にお餅を柔らかくできます。 お餅をラップに包み、炊飯器に入れて保温ボタンを押します。 約30分後には柔らかくなります。炊いたご飯の上にも置いておくことができます。

③ 鍋でゆでる

  1. 鍋にお餅を入れ、餅がかぶるくらいの水を加えます。
  2. 沸騰したら弱火で約2分茹でます。水から沸騰させるのがポイントです。

お餅を鍋にそのまま放置するとドロドロになる可能性があります。

忘れないようにしましょう。

④ フライパンで蒸し焼きにする

フライパンで蒸し焼きにすると、少し時間はかかりますが、つきたてのような柔らかく弾力があるお餅になります。 – フライパンに薄く油を引いて、1分間強火にします。 – お餅を両面水に付けます。 – フライパンに両面水を付けたお餅を入れ、大さじ1杯の水を加えてすぐにふたをします。 – 30秒蒸し焼きにしたら火を止め、7分間予熱で温めて取り出します。

フライパンで蒸し焼きにすると、お餅が美味しくなると以前テレビでも紹介されました。ぜひお試しください

 

まとめ

お餅が固くならない方法を解説しました。

砂糖などを入れるだけで固くなるのを防げるのですね。

簡単なので試してみてください。

生活
乾いた熱帯夜