スカートやワンピースのウエスト詰めるのは100均グッズでいける?

本ページはプロモーションが含まれています

昔の衣服や礼服のように、まれにしか着用しない服でウエストが合わなくなった経験はありますよね。

着るのがきつすぎると困りますが、逆にウエストが大きすぎると緩くてずり落ちるのが心配です。

 

気になって気持ちが落ち着かなくなりますよね。

 

ここでは、そんなスカートのウエストがブカブカのときに、100均のウエスト詰めグッズを使った簡単な対処法をご紹介します。

 

 

スカートのウエストを詰めるのはクリップや安全ピンが便利!

洋服のウエストの問題にぶつかることはよくあります。

確認しておくべきだった、なんてこともよくありますが、これらの少しの工夫で問題なく解決できます。

ウエストを一時的に詰めたい場合、以下のアイテムが役立ちます。

 

クリップ

【手順】

  1. 詰めたい長さのウエストを折りたたむ。
  2. クリップで挟む。

これだけでOKです。

これならば、縫ったりする手間もかからずにサクッと調整できます。

薄手のものから厚手のものまで、クリップを使用するとしっかりと固定できるためおすすめです。

挟むクリップの大きさは普通サイズのもので十分ですが、小さすぎると挟む力が弱くなる可能性があるので注意が必要です。

逆に大きすぎると目立ってしまうことがあるので、適切なサイズを選ぶことが大切です。

現在は100均でも様々な可愛い柄や色のクリップが販売されているので、自分の好みに合わせて選ぶこともできます。

不器用な方にもおすすめの方法です。

 

安全ピン

【手順】

  1. 詰めたい長さのウエスト部分の布をジャバラに折り重ねる。
  2. 安全ピンを通し止める。

クリップと同様に、これも簡単な方法です。

ただし、安全ピンには針があるため注意が必要です。

針先が出にくい工夫された安全ピンもあるので、安全性も考慮して選ぶと良いでしょう。

 

ウエストを調整して詰めるのに使えるアイテム

ゴムベルト

【手順】

  1. ゴムベルトをベルト通しに通す。
  2. 先のスナップを止める。

100均などで手に入るゴムベルトは、ベルト通しに通すだけで簡単に使用できます。

柔らかい素材なので、苦しさを感じにくいです。

ゴムの長さが調節できるため、子供さんにも使えます。

ベルト通しのない場合でも、上からつけるだけでしっかりとウエストを調整でき、ワンピースのベルト代わりにも便利です。

 

ゴム製のボタンホール

これは縫いつけて使用するもので、たくさんのボタンホールがあるため細かくサイズ調整が可能です。

ゴム製なので切って長さを変えられ、妊婦さんから子供まで幅広く使用できます。

今では便利なアイテムがどんどん発売されているので、ぜひ試してみてください。

 

サスペンダー

ズボンやスカートのウエストに挟むだけで簡単に使え、肩からかけるためずり落ちの心配もありません。

おしゃれなワンポイントとしても活用できます。

100均でも手に入るため、手軽に試してみることができます。

自分で買いに行くのが面倒な方は、楽天やAmazonなどの通販でも購入できるので参考にしてみてください。

 

逆に緩めたい場合

これまでにはウエストを詰める方法を紹介しましたが、逆に緩めたい方もいるでしょう。

そのような場合の対処法もお教えします。

 

ホックを足す

「お直しいらず」という便利なアイテムが販売されています。

ホックを掛ける位置によって調整が可能です。

すでについているホックに掛けるだけで、縫いつけが不要で非常に簡単にウエストを伸ばすことができます。

また、詰める方法で紹介した「ボタンホール」や「ゴムベルト」も、ウエストを緩める際にも活用できるので、ひとつ持っておくと便利かもしれませんね。

 

まとめ

なかなか時間が取れないときにスカートやワンピースのウエストを詰めるグッズを紹介しました。

とりあえずの応急処置の際は100均のアイテムでしのげそうですね。

生活
乾いた熱帯夜