賞与・ボーナスのお礼をメールで社長に送る書き方と例文

本ページはプロモーションが含まれています

ボーナスを受け取る瞬間は、常に心が弾むものです。

これまでボーナスを受け取りながら、直接上司に感謝の意を表したことがない人もいるかもしれません。

しかし、感謝を伝える文化を持つ企業も存在します。

 

目上の人に対してメールを送るのは、不慣れで難しいかもしれません。

 

この文章では、ボーナスを頂いた際に、社長や上司に送る感謝のメールの例文と書き方、注意すべきポイントをご紹介します。

 

ボーナスのお礼を社長や上司に送るメールの例文

ボーナスや賞与に対する感謝のメールの書き方について、社長や上司宛の例文をご紹介します。

 

社長宛のお礼のメールの例文

 

件名:賞与の御礼

○○社長

お疲れ様です。
総務部の△△と申します。

このたびは、賞与を頂戴し深く感謝しております。

社長のご厚意に心より感謝いたします。

これを励みにさらに成長し、会社への貢献を目指して参ります。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

総務部 △△

社長へのメールは難しく感じるかもしれませんが、簡潔に感謝の意を示すことが大切です。

 

件名:賞与支給の御礼

○○社長

お疲れ様です。
営業部の△△です。

この度は賞与を頂戴し、ありがとうございました。
社長の温かな支援に深く感謝申し上げます。

本年は目標売上を達成でき、大きな喜びを感じております。
この成果は、社長を含む全社員の皆様の支えがあってのことであり、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

引き続き、さらなる努力をして会社への貢献を目指します。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

メールでのお礼となり恐縮ですが、この場を借りてお礼申し上げます。

△△

 

 

上司宛のボーナスのお礼メールの例文

直属の上司に対しても、ボーナスに感謝の気持ちを伝えるメールを送ることで、良好な関係構築に役立ちます。

ボーナス受領は、感謝の意を表す絶好の機会です。

 

件名:ボーナスのお礼

〇〇部長
お疲れ様です。
△△です。

このたびは、賞与をいただき心より感謝しております。

また、日々のご指導に対しても深く感謝申し上げます。

〇〇部長の下で学び成長し、部署及び会社に貢献できるよう引き続き精進してまいります。

今後もご指導いただけますよう、お願い申し上げます。

取り急ぎ、賞与の支給に御礼を申し上げます。
ありがとうございます。

△△

 

ボーナスのお礼を社長に送る際の書き方

社長へボーナスの感謝をメールで伝える際に留意すべきポイントと、その効果的な書き方について、より詳細に解説します。

送信のタイミング

ボーナスを受け取ったその日、もしくは翌日には感謝のメールを送ることが望ましいです。この迅速な対応は、感謝の気持ちを即座に伝えるという意味合いが強く、印象に残りやすいです。

遅れてしまうと、忙しさにかまけてしまい、最終的には送らないまま終わってしまうリスクがあります。

タイミングを逃さないように心がけましょう。

メールの長さ

社長は日々多忙を極めており、長文のメールを読む時間が限られています。

そのため、メールは短く、かつ内容が明確であることが重要です。

しかし、短いからといって感謝の気持ちが伝わらないわけではありません。大切なのは、感謝の気持ちを簡潔に、しかし心を込めて伝えることです。

内容の構成

メールを書く際には、まず日頃の感謝を述べることから始めます。

これは、社長への敬意を表し、また、日々の業務でのサポートへの感謝を示す良い機会です。その後、ボーナスに対する感謝の言葉を加え、今後の抱負や意気込みを簡潔に記述します。これにより、社長はあなたの前向きな姿勢と成長への意欲を感じ取ることができるでしょう。

直接の感謝表現

メールだけでなく、直接会った際や電話での会話がある場合には、その場で直接感謝の意を表すことも大切です。

対面や電話での直接の感謝表現は、より個人的で温かみのある印象を与えます。これにより、社長との関係をより強固なものにすることができます。

まとめ

ボーナスの感謝メールは、社長への敬意と感謝を伝える大切な手段です。

適切なタイミングで、簡潔かつ心を込めたメッセージを送ることが重要です。

また、可能な限り直接の感謝を伝える機会を大切にすることで、社長との良好な関係を築き上げることができます。

一般
乾いた熱帯夜