町内会で香典を出すときの香典袋の書き方は?

本ページはプロモーションが含まれています

地元の方が突然の不幸に見舞われると、その出来事は生活に深い悲しみをもたらします。このような状況で気になるのは、葬儀の際の服装や挨拶などのマナーですね。

特に「香典」はその中でも重要な要素と言えるでしょう。例えば、町内会のメンバー全体から香典を贈る場合、書き方や相場、どのような言葉を添えて贈るのが適切かについて悩むこともあるでしょう。こんな状況でパニックにならないように、今回は町内会で香典を渡す際の香典袋の書き方や渡し方、金額の相場について詳しく解説します。

総括として、町内会から香典を贈る際には、「〇〇町内会 代表者名 他一同」と記載するのが最もふさわしいとされています

 

町内会での香典袋の適切な書き方について

町内会で香典袋を贈る際の適切な書き方についてご紹介いたします。

以下の順序で記載すると良いでしょう。

  1. 町内会の名前
  2. 代表者の氏名
  3. 他一同

町内会には通常、5人以上のメンバーがいることが一般的です。上記の方法は、人数が多い場合に適しています。ただし、3人や4人程度の場合は、右から順に氏名を書く方法もあります。

氏名を書く順番については、トラブルを避けるためにも、町内会の場合は50音順に記載することがおすすめです。

なお、会社などの場合は通常、目上の人から順に氏名を書くことが一般的です

 

町内会で香典を差し上げる際のエチケットと挨拶のマナー

香典を贈る際は、通夜または葬式のいずれかに参列する場合、そのタイミングで差し上げるのが適切です。通夜と葬式の両方に参列する場合は、通夜の際に香典を携えることが一般的です。

ただし、地域の習慣によっては葬式の場で香典を贈ることもあるため、できるだけその地域の慣習を確認しておくと安心です。

香典の差し上げ方は、受付手続きを済ませた後、ふくさから香典袋を取り出し、右掌にふくさを置き、左掌でふくさを開いて香典を取り出します。そして、相手の方にのし書きが見やすいように反時計回りに向きを変え、ふくさをたたんで受付台などに置いてから、両手で渡すようにします。片手での差し上げは失礼になるので注意が必要です。

もしもこの手順が難しい場合は、「両手で渡し、相手にのし書きが読めるように差し上げる」ことを心がけると良いでしょう。同時に、「この度はご愁傷様です」などお悔やみの言葉を添えることも重要です。

なお、香典を差し上げる場合、通夜や葬式の費用など突発的に発生する経済的な負担を軽減するための援助の意味も込められています。そのため、言葉選びよりも、誠実な気持ちを伝えることが大切です。

なお、受付が用意されていない場合は、直接遺族に渡すか、御霊前に供えても問題ありません。御霊前に供える際は、自分が読める向きにすることを心がけましょう。

 

町内会における香典の金額相場はどれぐらいでしょうか?

香典の適切な金額を決めるのは、最も悩ましい問題の一つかもしれません。相場は住んでいる地域によって異なり、故人との関係性など様々な要因を考慮する必要があります。

ただし、香典にも「避けるべき金額」というものが存在します。例えば、「4千円」「4万円」「9千円」「9万円」のような金額は、「死」や「苦しむ」といったイメージが連想されるため、日本では避ける傾向があります。

これらの数字は地域や風習によって異なるため、気にしない人もいますが、相手の感じ方に注意が必要です。遠慮がない気持ちで贈っても、「常識がない」と受け取られかねないので、避けておくほうが良いでしょう。

一方で、一般的によく使われる金額は「3千円」「5千円」「1万円」「2万円」「3万円」「5万円」「10万円」などです。これらの金額を踏まえつつ、町内会での香典の場合は、故人との付き合いの深さや自身の年齢などを考慮して金額を決定すると良いでしょう。

「ご近所さん」といえる付き合いであれば、3千円から5千円が適切でしょう。一方で、深い付き合いや友人関係であれば、5千円から1万円がベストだと考えられます。ただし、金額が大きすぎると、喜んでいると受け取られる可能性もあるため、最低限の「3千円」を目安にすることが適切です

 

まとめ

周りからの急な訃報は、心に深い痛みを残します。

これまでにあまり経験したことがない方が多いことは、幸いなことでもあります。

しかし、自分が直面した際には、マナーについて心配になることもあります。私も数回しか経験がなく、ふくさから香典を取り出す動作には未だに戸惑いを感じます。

最も重要なのは、相手を思いやる気持ちだと考えています。

皆さんも、この記事を参考にして、香典の渡し方や金額の相場を覚え、相手に失礼のないように香典を差し上げることができると良いですね。

 

一般
乾いた熱帯夜