ズボンのウエストを詰める100均グッズ

本ページはプロモーションが含まれています

適当に買ったりネットで買ったズボンは、履いて外出した際にウエストのサイズが合わず、ちょっとした困りごとが生じることがありますね。

また、長く履いているズボンのウエストが緩んできてしまい、ズボンが下がってしまうこともあります。

そんなズボンのウエストを詰めてくれる100均でも買えるアイテムがあります。

 

ここでは、ズボンのウエストを調整したり詰めるのに便利な100均グッズやクリップ、安全ピンなどをご紹介します。

 

ズボンのウエストを詰める100均の便利なアイテム

100均で手に入る、ズボンのウエストを調整するためのグッズや方法があります。

まず、100均で手に入る使えるアイテムを見てみましょう。

 

ゴムベルト

ゴムベルトをベルトループに通して使用します。

通した後、お腹側の左右のボタンを留めるだけでOK。

ボタンやファスナー部分にかからないので、脱ぐときもベルトを外さずにラクチン。

子供用は48cm~61cm、大人用は50cm~80cmと、様々なサイズに対応しています。

 

子供服は長く着られるように、少し大きめを購入することがありますが、その際にも大活躍です。

 

サスペンダー

ウエストを締める方法とは異なりますが、サスペンダーを使ってズボンが下がらないようにする方法もあります。

これも意外にも100均で手に入ります。

 

ダブルクリップ

事務用のダブルクリップを使います。

ウエストをつまんでクリップで留めるだけ。

ただし、動くことで少しずつズレてくることもあるため、あくまで一時しのぎの方法と言えます。

 

安全ピン

前ボタンやフックがついたズボンに使用可能。

・ホックのズボン

ズボンの内側に、平行に安全ピンを取り付けます。

そのあと安全ピンの針と逆の丸い部分にホックをかけます。

 

・ボタンのズボン

ボタンホールの内側に、垂直に安全ピンを差し込みます。

そして安全ピンを留める前に、ボタンを挟んでからピンを留めます。

 

この方法では、トイレや着替えの際に都度安全ピンを外さないといけない手間がありますが、ダブルクリップよりも安定感があります。

 

ちなみに、太ってしまってウエストが合わない場合に使えるアイテム(アジャスター)も100均で手に入ります。

 

身近なアイテムでズボンのウエストを調整する方法

100均でも手に入りますが、家にあるものを使用してウエストを詰める方法もあります。

意外性ある詰め方をご紹介します。

 

リボンや紐

背中側のベルトループにリボンを通し、しっかり絞ります。

絞ったまま後ろでリボンを結びます。

 

その日の服装に合わせたリボンを使えば、おしゃれにもなります。

 

ヘアゴム

パンツのボタンの近くのベルトループにヘアゴムを通します(携帯ストラップを取り付けるイメージです)。

ヘアゴムの輪っかにボタンをかけて留めます。

ゴムの長さによってはあまり変化がないこともあるので、長さを調整して留めてください。

 

ウエストバックル

非常におしゃれで可愛らしいアイテムです。

使い方は、2か所を鋲で止めて引っ掛けるだけで非常に簡単です。

 

何も使わずにウエストを詰める方法

・ウエストを外側に曲げる

外側に1回曲げることで、ウエスト部分が少し詰まります。

これは女子高生がスカートを短くする際に行う手法で、非常に簡単です。

緩みが少ない場合は、まずこれを試してみると良いかもしれません。

 

・ベルトループとボタンを使う

ボタンに近い部分のベルトループをボタンに引っかけます。

あとは通常通りにボタンを留めれば完成です。

ボタンとベルトループの幅分が締まりますので、わずかに緩い場合でも使用可能です。

 

ズボンのウエストを専門店でお直しするときの料金はいくら?

お店でのウエストの調整は、おおよそ2,500円から8,000円程度かかります。

この価格の幅は、詰める長さによっても影響を受けるだけでなく、ズボンの生地の素材や性別(メンズ・レディース)によっても変動します。

もちろん、お店によっても料金は異なりますので、事前に確認してからお願いすることをおすすめします

 

まとめ

ズボンのウエストを詰める100均グッズやクリップや安全ピンを使った方法を紹介しました。

身近なもので利用できるものがたくさんありますね。

 

生活
乾いた熱帯夜