漂白剤を使ったら黒い服が変色してオレンジになったときどうする?

本ページはプロモーションが含まれています

ハイターや他の漂白剤を誤って多く使用したり、飛び跳ねたりして黒い衣服が意図せずオレンジ色に変色したことはありませんか?

オレンジのシミは黒い衣服にとって非常に目立ち、元に戻せるのか不安になることでしょう。

 

残念ながら、基本的には一度変色してしまったり色が抜けたりした衣類は元の色に戻せません。

元に戻したい場合は、専門の業者に相談する必要がありますが、それには費用と時間がかかります。

 

なので、変色した衣服は諦める方が良いでしょう。

 

ここでは、黒い服をハイターや漂白剤で洗った際に色落ちする原因や、元に戻すことが難しい理由について説明します。

 

黒い服をハイターなどの漂白剤で洗うと色落ちする理由

黒い服に漂白剤を使うと、服がオレンジ色に変わります。

その後、時間とともに色は次第に白く変化していきます。

 

もしも漂白剤に服を24時間以上浸け続けると、色が抜けるだけでなく生地もやがて崩れてしまいます。

この変色の原因は、漂白剤にはシミや色素などを根本から分解する力があるためです。

 

元々の黒い色がオレンジ色に変わり、その後徐々に白く変化していくのは漂白剤が色を分解する過程の結果です。

オレンジ色に変わるのは、白く漂白される際の中間の色と言えます。

 

ヘアカラーを経験したことがある方なら理解しやすいかもしれません。

ブリーチ剤を使用すると、黒い髪が一時的にオレンジ色に変わり時間が経つと最終的には色が抜けて白い髪になりますね。

原理は似ていると言えるでしょう。

 

 

塩素系漂白剤(ハイター)によって変色した服は直せる?

残念ながら、一度塩素系漂白剤の影響を受けて変色してしまった衣類を元通りに戻すことは基本的には難しいです。

もし、絶対に元に戻したいという場合は、専門の業者に依頼して色を再び染め直すしかありません。

 

ただし、既存の色に合わせて染め直すことは非常に困難であり、専門家に頼んでも思い描いていた通りの仕上がりになるとは限りません。

さらに、このプロセスは費用と時間がかかるため、注意深く検討し必要に応じて業者に頼むことをお勧めします。

どうしてもというケースにのみ、専門家の助けを借りることを検討するのが良いでしょう。

 

黒い服の洗濯と酸素系漂白剤の使用法

黒い服を適切に洗濯する方法を解説していきます。

様々な対策方法があります。

▼色落ちのテスト

色落ちが心配な黒い服は、漂白剤を使う前にテストを行うことがお勧めです。

漂白剤が染み込んだ綿棒を、洋服の目立たない部分(例えばTシャツなら脇の下など)に塗り、数分後に色落ちがないか確認します。

もし色落ちが見られる場合は、自分での洗濯は避けクリーニングに出すことを考えましょう。

 

または、完全に黒い服だけを別にして洗濯する方法もあります。

 

漂白剤を使わず、通常の洗濯洗剤だけを使用するのもおすすめです。

 

▼手洗い

全自動洗濯機は広く使われていますが、すすぎや脱水の設定が制限されていることもあります。

したがって、色落ちが心配な衣類は手洗いがおすすめです。

手洗いでは衣類の状態を直接確認しながら、優しく洗うことができます。

 

手洗いの際には、熱いお湯は避けましょう。

高温では色落ちの危険性が高まり、衣類が損傷する可能性もあります。

やけどのリスクもあるため、通常の洗濯水温かぬるま湯程度にしましょう。

 

▼漂白剤の変更

塩素系漂白剤は漂白力が高く、少量でも色落ちの危険性があります。

代わりに酸素系漂白剤を試してみるのも良いでしょう。

酸素系漂白剤は漂白力が塩素系に比べて弱いので色落ちの心配は減ります。

でも、使用時には十分注意が必要です。

 

▼洗濯時の注意事項

汚れてもいい服を着て、ゴム手袋を着用して作業するようにしましょう。

洗濯中に漂白剤の水滴が飛び跳ね、服や手に付く可能性があるためです。

 

速やかに洗い流すことで対処できますが、手間がかかります。

もし色落ちが発生した場合、がっかりすることになるのでここでも注意が必要です。

 

まとめ

黒い服の変色は目立つので恥ずかしいです。

しかも完全に元に戻すことは不可能なので注意したいところです。

黒い服を洗濯するときはハイターなどの塩素系漂白剤を使わないようにしましょう。

 

テキストのコピーはできません。